両手うちわで芸術三昧。

やっほ~☆ユッキーだよお!生まれ変わったらキラキラOLになりたい40代♂歌舞伎中心に舞台や美術館に行った感想を書いていくね☆twitter@yukky_ryoteart

【歌舞伎感想】2018年「二月大歌舞伎」@歌舞伎座~昼の部第二幕「一條大蔵譚」編~

やほほ~ユッキーだよお♪

さいきんファミマのドーナツにハマってるの(〃▽〃)

どれもおいしいんだよね~♡

 

さて!2018年高麗屋三代同時襲名披露「二月大歌舞伎」@歌舞伎座、

この記事は昼の部第二幕「一條大蔵譚」の感想だよ~☆

 

 

二月大歌舞伎感想全体をまとめた記事もあるよん↓ご参考までに♪

www.z-yukky.com

 

主な登場人物

一條大蔵長成(染五郎改め幸四郎)

常盤御前(時蔵)

吉岡鬼次郎幸胤(松緑)

鬼次郎女房 お京(孝太郎)

勘解由女房 鳴瀬(秀太朗)

 

あらすじ

序幕

夫である源義朝を平治の乱で亡くした常盤御前は、平清盛の妻になった後、すごいド阿保!として広く知られている一條大蔵長成の妻になっている、というところから物語が始まるよ☆

 

(戦乱の世の中とはいえ、次々と結婚相手が変わってしまう常盤御前、かわいそうだね( ノД`)シクシク…)

 

源氏方である鬼次郎は、妻のお京を一條大蔵長成のところに奉公に行かせるの!その思惑は「常盤御前に源氏再興の意志があるかどうか確かめたい!」ということヨン☆

 

よ!この忠義もの夫婦~!

大詰

お京の手引きで常盤御前のところまで侵入した鬼次郎は、常盤御前に向かって「全然源氏再興する気ないやんけー!!」って怒るんだよ~💦弓で常盤御前のことめっちゃ殴るし…怖い( ;∀;)

 

でもねここからが見どころ!

 

実は、ただ遊んでいるように見えた常盤御前も平家滅亡を強く願い続けていたし、一條大蔵長成も阿保を装って源氏復興の時機を伺っていただけ、ということが判明するの!

 

わーおびっくりΣ(・ω・ノ)ノ!

 

スポンサーリンク

 

 

感想

とにかく!染五郎改め幸四郎演じる一條大蔵長成が最高だった~✨

前半の阿保殿っぷり

ほーんとかわいい!心配になっちゃうくらい阿保の子なんだけど、いやらしさとか奇をてらってる感とか全くなくて、純粋にかわいい( *´艸`)会場も爆笑だったよ~🌸

 

それにただ阿保なだけじゃなくて、殿様らしい鷹揚さも感じさせるんだよね~ほんとスゴい!

からの後半のかっこよさったら

からの後半ついに本性を現すときのかっこよさったら言葉では言い尽くせないよ~✨

 

扇で顔を覆って、「本性→阿保→本性」って変化させるシーンがあるんだけど、「同じ人なのに表情だけでこんなに違うのー?!」ってびっくりΣ(・ω・ノ)!

 

幸四郎の演技力を存分に味わえる一幕でした!あー本当にすてきだった!!

 

 

幸四郎、夜の部の熊谷陣屋では熊谷直実を演じているんだけどこっちも観て更にスゴい!!ってなったよ☆